板倉 須美子(1908〜1934)

ロシア文学者昇曙夢の長女として生れ、与謝野鉄幹、晶子の媒酌で鼎と結婚。パリで鼎の手ほどきを受けて制作を始め素朴で詩情豊かな作品が藤田嗣治に絶賛された。夫、幼い娘二人を相次いで亡くし本人も帰国後肺結核で早世した(25歳)。

板倉鼎・須美子

板倉 鼎(1901〜1929)

千葉県松戸育ち、東京美術学校(現東京藝術大学)卒業後、1926年妻須美子と共にパリに留学。明るく洗練された色彩と堅固な構成のモダンなスタイルが評価されサロンドートンヌ入選も果たしたが、28歳の若さで客死した。現在、松戸市教育委員会美術準備室を中心に再評価を進めている。


板倉須美子「ベル・ホノルル21」(1928)
松戸市教育委員会蔵

松戸市の聖徳大学博物館で開催された「フジタとイタクラ」展会場風景
NHK・Eテレ「日曜美術館アートシーン」、NHK「ラジオ深夜便」でも紹介された

NEWS・TOPICS

【column】安井曾太郎こぼれ話 作者は誰だ?

或る画廊に入った途端、12号の油彩画が目に飛び込んで来た。林間水辺の群像図である。入荷間もないらしく店主の側の壁にキャンバスのまま立て掛けてあった。誰の作品か問うと「未完成、何かの習作のようで署名はない。キャンバス裏面に…

第4期運営体制のお知らせ

当社団法人は9月30日に第3期事業年度を終え、先日社員総会を開催いたしました。今期も前期と同様の役員陣で運営にあたります。 今期は、前期に続き美術関係者との面談、ギャラリー訪問、刊行物への寄稿等を行うとともに、コロナ禍の…
Scroll to top