社団法人について

設立趣旨

エコール・ド・パリの時代 ー 1929年(昭和4年)彼の地で夭折した松戸市出身の画家、板倉鼎(いたくらかなえ)とその妻須美子の画業を世間に伝え、情報等を収集する企画や活動及びその支援を行う。

 

設立経緯

松戸市教育委員会で企画中の『板倉鼎・須美子書簡集』刊行事業が最終段階に至ったものの実施予算確保が微妙であった。そこで従来より板倉鼎に関心を持っていた水谷(松戸市在住、社団法人 板倉鼎・須美子の画業を伝える会(現)代表理事・会長)が刊行費用の寄付を申し出た。

資金支援を一過性の行為で終わらせず、板倉夫妻の画業を伝える継続的な活動をするために非営利型の一般社団法人を立ち上げることにした。

 

運営についての考え方

本会を公信力のあるものにし実効性を持たせるためには、板倉家、松戸市美術館準備室(松戸市教育委員会内)と連携して活動への求心力を確保する必要がある。また板倉鼎に関する研究、事業等の実績を有する方々との意思疎通を図る。

 

運営に際してのキイパーソン

  • 田中典子氏
    松戸市教育委員会美術館準備室室長(当時)、学芸員
  • 神崎眞子氏
    板倉鼎の姪、松戸市(旧板倉邸)在住
  • 川崎キヌ子氏
    和洋女子大学名誉教授、書簡集校閲者

3氏と面談。本会設立に謝意を示され喜ばれた。本会に参加或いは連携する事になった。

 

活動方針

  • 本会の目的とするところは、既に長年に渡り松戸市教育委員会や板倉鼎縁故者に依って地道に進められて来た歴史が有る
  • 本会はその事実を尊重し所期の目的を共有してそれを果す為の支援活動を主とする
  • 紹介活動、資金支援、情報の発信収集等のサポーター的な在り方を目指す
  • 賛同者、協力者の組成、メディアへの展開、ホームページの立ち上げ等手付かずだった分野を手掛ける
  • 一定の活動期間毎にその間の実績を評価することとする

 

想定している活動

本会の目的に資する下記のような活動、及びその後援や人的、資金的、側面的支援

  1. 展覧会企画
  2. 各種出版物の刊行
    画集、書簡集、評伝、カタログレゾネ等
  3. 紹介活動全般  講演会、広報用フライヤー配布、資料巡回展示等
  4. メディアへの発信
  5. 資料整理等学芸員の補助業務
  6. 賛同者、協力者の募集
  7. Homepage、Facebook等に依る情報発信
  8. 関係資料の蒐集

 

立ち上げまでのプロセス

  • 設立趣意書の起草⇒定款作成
  • 設立時社員、社員、役員(理事・監事)の人選
  • 運営資金確保
  • 非営利型の選択

 

体制

  • 設立時社員(資金拠出、役員任免権、社員総会開催)
    水谷嘉弘(松戸市在住)
    浦川親章(松戸市在住)
  • 役員=理事(理事会設置、無報酬)、監事(無報酬)
    水谷嘉弘(代表理事・会長)博物館学芸員資格者
    高橋明也(理事)三菱1号館美術館初代館長
    川崎キヌ子(理事)和洋女子大学名誉教授
    園井健一(監事)公認会計士・税理士
  • 所在地 千葉県松戸市

《社団法人設立日:2018年12月3日》
《社団法人第1期事業年度:2018年12月3日~2019年9月30日。第2期事業年度:2019年10月1日~2020年9月30日。第3期事業年度:2020年10月1日~2021年9月30日》

 

これ迄に実施した活動

  1. 松戸市教育委員会から「フジタとイタクラ」展(2019年1月~3月@聖徳大学博物館)の後援を依頼された。同展はフランスでの日仏交流行事『ジャポニスム2018』に呼応して企画されており、駐仏日本国大使 木寺昌人氏からメッセージを入手した(2019年1月)。
  2. パリ市立チェルヌスキ美術館エリック・ルフェーブル館長が木寺大使の紹介で「フジタとイタクラ」展に来場。水谷は同館で開催されたジャポニスム2018「京都の宝-琳派展」で同氏と面識があり、高橋理事と共にアテンドしパリでの板倉展を提案した(2019年2月)。
  3. 藤田嗣治の又甥(嗣治の兄の孫)藤田嗣隆氏と、板倉鼎の姪(鼎の妹の子)神崎眞子氏を「フジタとイタクラ」展会場で引き合わせた。新聞・TV7社で報道された(2019年3月)。
  4. NHK『ラジオ深夜便』田中典子氏インタヴュー「郷土の画家を世に伝えたい」をアレンジした(2019年5月)。
  5. パリ市立チェルヌスキ美術館ルフェーヴル館長との接触継続。高橋理事はフランス出張時に同美術館を訪問している。また、高橋理事は美術館等での講演時に板倉鼎・須美子を紹介している。
  6. アーティスト、美術館人等の美術関係者、メディア関係者、松戸市関係者とのネットワーク構築を進めている。
  7. ホームページ開設(2020年2月)
  8. 広報用フライヤー作成(2020年2月)
  9. 松戸市教育委員会から「板倉鼎・須美子書簡集」が刊行された。社団法人で一定部数を購入し美術館関係者等へ贈呈した(2020年6月)。
  10. 私設美術館、画廊、ギャラリー等に社団法人の広報用フライヤー備え置きを依頼(2021年)
  11. 美術愛好家団体「あーと・わの会」が発行する会誌に板倉鼎にちなむエッセイの寄稿を始めた(2021年6月)。

 

今後に向けて

  • 本会の認知度向上
    多くの機会、人脈を通じて画家板倉鼎、須美子の存在、作品及びその紹介に従事する本会を広く知ってもらう。
  • 組織化と資金調達
    本会趣旨に賛同する方々との連携。

(2021年6月現在)

 

お問い合わせ

一般社団法人 板倉鼎・須美子の画業を伝える会 (水谷)
〒 270-0002 松戸市平賀148-2-B棟
電話:050-1297-3393

エコールドパリの画家 板倉鼎をご存知ですか (PDF版)

社団法人フライヤー(PDF版)

Scroll to top