【news】「里見勝蔵を巡る三人の画家たち」展の予告

当社団法人が produceした展覧会の概要が固まりましたので予告します。

展覧会名は「里見勝蔵を巡る三人の画家たち」。今秋、根津にある池之端画廊で開催します。

開催期間:令和4年10月12日(水)~10月30日(日)

会場:池之端画廊 〒110−0008  東京都台東区池之端4−23−17 ジュビレ池之端1・2F

”昭和のフォーヴィストたち、色の競演” をキャッチコピーに、里見勝蔵と三人の画家、熊谷登久平、荒井龍男、島村洋二郎の作品や資料を展示します。意外な組み合わせと感ずる方が多いと思います。近代日本洋画史を紐解いても彼らの繋がりはよくわかりません。

里見勝蔵(1895・明治28年生まれ)と三人との関係は、熊谷登久平(1901・明治34年生まれ)は里見が創立メンバーだった独立美術協会会員として、荒井龍男(1904・明治37年生まれ)は在野美術団体の後輩として、島村洋二郎(1916・大正5年生まれ)は師弟関係としてであり、全て別ラインで各人に面識があったのかは定かではありません。登久平と洋二郎は白日会で接点がありますが、10年間出品在籍した登久平に比べ洋二郎は入選1回です。

きっかけは島村洋二郎でした。当社団が板倉鼎の顕彰活動を始めた4年前、志半ばで世を去った洋画家島村の顕彰をしている洋二郎の姪、島村直子さんを紹介されました。鼎と同時期にパリで活動した美校卒業生を調べていて、里見勝蔵は前田寛治がパリ豚児と呼んだ一人でしたが偶々洋二郎が師里見に宛てた絵葉書を入手したのです。文面から早くに疎遠になったと思われていた二人は長く近しい間柄だった新事実が判明、早速直子さんに伝えました。それと前後して熊谷登久平を池之端画廊で知り、登久平次男の夫人熊谷明子さんと面識を得ます。画廊主鈴木英之氏を水谷が顧問を務めている美術愛好家団体あーと・わの会にお誘いし、その縁で同会の初代理事長野原宏氏が所蔵している絵画を池之端画廊で展示することになりました。そこに、知ったばかりの熊谷登久平と、野原氏が多くの作品を所蔵されている荒井龍男の里見勝蔵宛絵葉書各1通が続けて到来したのです。荒井の絵葉書はソウル発、パリに行くので後進の為にシャガールを紹介して欲しいという依頼の文面が興味深く、島村の絵葉書はシャガールで偶然の呼応でした。今回の四人を繋いだのは、昭和戦前・戦中期に投函された里見勝蔵宛の3枚の絵葉書なのです。親分肌里見の求心力のお蔭とも言えます。

里見勝蔵宛絵葉書3通

 熊谷登久平 絵葉書投函日1936・昭和11年10月11日宇都宮発

  熊谷登久平関係資料

 荒井龍男 絵葉書投函日1934・昭和9年9月15日ソウル発

 島村洋二郎 絵葉書投函日1943・昭和18年5月17日横須賀発

三人は互いに行き来はなかったかもしれませんが、放浪の画家長谷川利行と親しくその追悼歌集に寄稿した熊谷、パリでボードレールの碑を描き友人たちと詩集「牧羊神」を出版した荒井、手作りの「五線譜の詩集」を遺した島村には同種の感性が通底しているように思えます。彼らの作品は形態家ではなくカラリストのそれです。

3枚の絵葉書の他、展示する作品や資料は次の通りです。絵画作品は20~30点を予定しています。

 里見勝蔵「ルイユの家」(昭和35年作)他

  熊谷登久平「ねこ じゅうたん かがみ 裸女}(昭和34年作)、「熊谷登久平画集(絵と文)」昭和16年刊、絵葉書の文面に書かれた昭和11年の福島二本松訪問関連資料他

 荒井龍男「ボードレールの碑」(昭和9年作)、詩集「牧羊神」他

 島村洋二郎「桃と葡萄」(昭和13~14年頃作)、手書きノート「五線譜の詩集」「黒い手帖」他

四人の作品が、里見勝蔵の母校東京美術学校(現東京藝術大学)近くの、美校卒業が2年後輩にあたる鈴木千久馬の孫、英之氏が経営する画廊で一堂に会します。画廊は3年半前、英之氏の母方の祖父、日本画家望月春江のアトリエ跡地に新築した建物です。そのことにも想いを寄せながら絵を味わっていただければと思っています。

文責:水谷嘉弘

Scroll to top