【column】清水多嘉示こぼれ話 その1 渡仏前の生写真

「フランスのサロンドートンヌと日本人」といえばまず藤田嗣治を思い浮かべるが、他にも日本人で初めて入選した(1921年)のは川島理一郎、絵画・彫刻両部門に初めて同時入選した(1924年)のが清水多嘉示、等々あまり知られていない事も多い。板倉鼎・須美子は渡仏翌年の1927年に夫婦揃って入選している(1929年にも)。板倉夫妻と同時期に滞欧していた清水多嘉示(1897・明治30年〜1981・昭和56年)の渡仏(1923・大正12年〜1928・昭和3年)前後の生写真(当時のアルバム)を入手した。清水多嘉示は1927年パリの大久保作次郎送別会集合写真で板倉鼎の隣に写っているので縁がある。この集合写真には、当社団がその滞欧作品(この写真を撮る前年の制作)を収蔵したばかりの伊原宇三郎も写っている。(右端、長身の男性中村拓医学博士は以前【topics】で取り上げた)アルバムに貼られた写真を渡仏以前と渡仏以降の2回に分けて紹介したい。

  

アルバムの旧蔵者は後に長野県諏訪地域の教育指導者となる川上茂という人物。清水が中洲村(現、諏訪市)の小学校で代用教員をしていた頃(1915・大正4年)の同僚のようだ。パリから川上宛に出した絵葉書―シテ・ファルギエール14番地発―は長野県松本女子師範学校気付となっている。清水は渡仏前には諏訪高女で美術教師を務めていた。勤務先の親しさからか、1922・大正11年2月には同校と松本女子師範で清水主宰による「中原悌二郎・中村彝作品展」を開いている。アルバムにはその時の会場写真があった。記念撮影のテーブル上にあるのは前年出版された中原悌二郎著作集【彫刻の生命】。自作と思われる油彩画2点 ―題名は【泉】【花】共に「未完成」と添書してある― の前に立つ清水の姿や、中原の代表作【若きカフカス人】、中村の【男の顔(河野氏像)】なども写っている。【泉】は直接的には安井曾太郎の影響下の作品だろう。7年間のフランス留学から戻り滞欧作品展を開いた安井の作品群を観ていたようだ。細かいタッチで塗り込んであり重厚な印象だが類型的でもある。東京帰りの若き画家の絵であり当時の傾向がよくわかる。こののち、彼はパリに行ってデッサンを学び直し、絵も垢抜けして来るのである。(1971年開催の清水自選展に出品された最も旧い作品は絵画1923年作、彫刻1924年作で共に渡仏時の制作である)

  

清水が平磯海岸で療養中の中村彝を訪ねて(1919・大正8年)自ら撮った写真もあった。川上が清水から貰ったのだろう。

アルバムには当然ながら旧蔵者川上氏本人に属する写真が多く、スイスの教育啓蒙家ペスタロッチゆかりの地の訪問写真、2ヶ月前に運転を開始したばかりの烏川第一水力発電所の見学写真(川上は理数系の教師)等もありそちらの資料性もありそうだ。

(この項続く)

(文責:水谷嘉弘)

Scroll to top